注射昭和23年から昭和63年までに行われた集団予防接種やツベルクリン反応検査によってB型肝炎ウイルスに持続感染した事が原因の方が、B型肝炎訴訟を国に対して提起するといったニュースを頻繁に耳にするようになってきております。B型肝炎訴訟に関しては、ここ数年の出来事というい事もあり、まだまだ分からない部分が多くなっていると思います。B型肝炎訴訟の提起を検討されているという方や本格的にB型肝炎訴訟提起をするために既に資料収集を始められているという方、現時点でB型肝炎訴訟をすでに提起されているという方が意外に見落としてしまっているのが、B型肝炎ウイルスの給付金の請求に期限があること知らないという方はすくなくありません

これに対して参議院厚生労働委員会は、積極的にB型肝炎給付金制度の周知や検査の受検勧奨、医療費助成など色々な働きをすすめる措置を、政府に求める内容の附帯決議がされ始めておりますが、45万人の感染被害者が推計される中で、平成28年3月時点においての提訴者は約3万名程度と、大多数がB型肝炎給付金制度を利用しておりません。実はB型肝炎の給付金請求は、何時までもできるという物ではなく、請求する事ができる期限という物が決まってしまっております。そこでこちらのページでは、B型肝炎訴訟による給付金の請求期限などB型肝炎ウイルスの給付金制度についての基礎的な情報をご紹介します。今後のB型肝炎の給付金請求を行う際などの参考にしていただければ幸いです。